2021年5月14日金曜日

5月高校朝礼

 今日は高校朝礼を実施しました。このコロナ禍の中、本校のクラブ活動も公式戦が予定されているクラブのみ活動が認められており、その部活動においても必要最小限の人数での活動をお願いしています。また公式戦などがない部活動、特に文化部の活動についてはほとんどの部活動が活動停止となり、生徒達は本当に辛い思いをしていると思っています。

その中公式戦が行われている部活動において3つの部活動が顕著な成績を残してくれました。ボクシング部とアメリカンフットボール部、そして硬式テニス部のみんなです。ボクシング部は近畿大会出場、アメリカンフットボール部は関西大会出場、硬式テニス部は団体戦男女そろってアベック優勝を果たしてくれインターハイ出場を決めてくれました。

ボクシング部

アメリカンフットボール部主将

このような成績を上げてくれた生徒達に心から敬意と激励をしたいと思います。また同じ学校に通う浪高生達にも元気と希望を与えてくれたと思っています。今後も次のステージに向けてしっかりと準備を整え浪速高校の代表として胸を張って戦ってきてほしいと思います。

硬式テニス部表彰メンバー

部活動表彰の後はいつものように校長講話を行いました。今日のテーマは「準備」と「会話」です。来週からは中間テスト1週間前となりそろそろ試験準備にとりかかっていく時期でもあります。そこで「準備」の大切さについて話をしました。次に校内での「会話」の大切さを話し、よい会話とはどういう会話なのかを話させてもらいました。学校生活の中での楽しみの一つに友人との会話があります。やはりメールではなく直接顔を見て会話することによって相手の表情やしぐさなどを見て話す事の大切さを訴えました。

このコロナ禍の中、行動制限や外出制限が長引けば長引くほど生徒にはストレスがかかってきます。そういったストレスの対処方法の一つとして、友人や先輩、後輩そして先生方など多くの人たちとの会話があります。互いに考えや想いを出し合ってその思いを共有したり共感したりすることで、自分は一人ではないことを認識できます。また同じ思いで悩んでいたり不安に思っていたりする仲間と一緒に問題の解決方法を模索するなど多くのいい経験ができると思っています。

目に見えないつながりを感じることがこのコロナ禍の中では大切になってくると思います。浪高生のみなさん、限られた学校生活の時間の中で一人でも多くの仲間との会話を楽しんでください。問題に直面したときには、そうすることで必ず先が見えてきます。みなさんは一人ではないという事を伝えておきます。

2021年5月13日木曜日

令和3年度修学旅行説明会

 今日は令和3年度の修学旅行説明会をHRの時間を使って実施しました。

昨年度の海外修学旅行は、世界中で蔓延した新型コロナウイルスによるパンデミックの影響から中止としました。その代わりに国内での修学旅行実施を予定していましたが、国内でも緊急事態宣言が発令され安全を確保できない状況となり、断腸の思いで中止としました。現3年生には本当に辛い思いをさせてしまったと思っています。本当に残念で仕方ありません。

今年度の修学旅行を計画するにあたり世界の現状を見ると、現在感染者数は減少傾向は見られるものの、完全に終息とはなっておらず、国内ではここ数カ月は第4波となって感染者が急増し緊急事態宣言が出されるなど、今後も全く予断が許されない状況です。しかし生徒達にとって一生に一度の高校修学旅行は高校生活において最も重要な学校行事でもあり一生涯思い出に残る時間でもあります。

何とか実施できる為の最善の方策を考えていかねばなりません。そこで本年度は、実施時期は例年通り11月として、海外ではなく国内3方面(北海道・九州・沖縄)5コースを設定し実施に向けて準備に入って行く事にしました。それぞれのコースは世界的にも認められている非常にいいコースです。日本の文化の歴史と遺産を学べる、日本人として一生に一度は行っておきたい場所です。その場所を高校生時代に訪れる事はみなさんのいい学びと思い出になる事は間違いありません。

11月の修学旅行が無事に実施できるようこれからも一人一人が感染対策をとりながら万全の準備を行い、日々学院神社の大神様にコロナ感染の終息を祈りつつ、実施できる事を信じて学校生活を誠実に過ごしてほしいと思います。

2021年5月10日月曜日

「ぼーっとする時間」の大切さ

ある人の本を読むと「ぼーっとする時間」は人間の成長にとってとても重要な事ですと述べられています。

時間に追われて過ごしているみなさん。今コロナ禍の影響で、自宅で過ごす時間が多くある中、家でくつろぎ「ぼーっとする時間」を持ってみてはどうでしょうか。テレビやパソコン、携帯など外部からの刺激や情報を全てシャットアウトしてぼーっとすると、脳は「デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)」という状態になるそうです。今まで蓄積した知識を前頭葉に手繰り寄せる訓練となるそうです。DMNによって情報が整理されることで新しい発想や考えが生まれてくる効果があると言われています。

「暇だな」「何して過ごそうかな」と思う事によって「じゃあ本を読もう」とか「映画を見よう」「手伝いをしよう」「部屋の整理をしよう」とかいろんな事を考える事によって何かしようとする自発性が生まれてきます。せっかく生まれてきた発想を実際に行動に移すかどうか。ここが大きなポイントだと思います。「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」なのです。

人は幼いころからいろんな経験をして人それぞれの羅針盤を形成していきます。その羅針盤が今後の人生のあらゆる場面で進むべき方向を決めてくれます。その羅針盤を形成するにあたり大事な事は決断力と自立性です。

その決断力と自立性を高めていくためには、「自発的に行動し」様々なことを体験すると良いと思います。特に失敗からは多くの事を学ぶことが出来ます。コロナ禍の中、行動が制限されている今だからこそ、外部からの刺激を全て断ち切って少しでも「ぼーっとする時間」を創り出し自分自身の心身の回復に努めてみてはどうでしょうか。きっと新たな発見が出来ると思います。 

2021年5月6日木曜日

GW明けの浪高生達へ

 今年もGWが終わりました。昨年同様に緊急事態宣言が出され不要不急の外出制限が出されている中でのGWとなりましたが、今日浪高生達はみんな元気な姿で登校して来てくれました。今日は5月最初の登校日という事で高校・中学揃っての一斉参拝を行い、学院神社の大神様に感謝の気持ちと今後の学校生活の安全をお祈りし全校生徒の心を一つにしました。

1週間の休みというのは結構長いもので、休み明けの今日はなかなか気持ちが切り変わらず朝起きるのも一苦労したと思います。そして今年も昨年同様、日常生活や部活動についても大きな制限がかかり多くのクラブ活動においては部活動が出来ないGWとなりそれでも浪高生達はみんな耐えてくれています。

この期間、本来であれば自分の趣味や部活動に力を注ぎ、新たな次へのステップへとつなぐことが出来る機会であったりと、高校生にとっては貴重な時間であったと思います。そのような時間を過ごすことが出来ずに耐えている浪高生達一人一人は今大きなストレスを感じているかと思います。そのストレスを今後も感じながら過ごして行かなければなりません。

でもそんな時こそ大切な事は、毎日の学校生活を「おはよう」の挨拶を一日のスタートとして、一人でも多くの仲間、先生たちと積極的にコミュニケーションをとって行く事だと思います。君たちの周りの仲間や先生方はいつも君たちを見守っています。不満や不安、心配事があるなら吐き出した方が楽になります。みんなも同じように不満や不安、心配事を抱えているかもしれません。

想いを共有し、互いに意見を出し合いそこでいろいろな考えを学び、今後の解決策を探ってください。一人で無理なら誰かに助けてもらえば良いと思います。助けてもらう事は決して恥ずかしい事でもないし弱い人間でもない。逆に勇気あることかもしれません。解決に向けて努力する。この行動が一番大切な事です。正解は一つではない。やってみてください。失敗すればまたやり直せばいいと思います。

今日、授業中や休み時間、校内を見回っていると生徒達の明るい様子を多く見ることが出来ました。こんな状況下でも浪高生達は一歩一歩前に進んでくれています。本当に素晴らしい事であり、浪高生達の未来は明るいと確信した瞬間でもありました。

浪高生のみなさん。みんなは今耐えています。そんな状況の中、自分は何もしないか、それともやれる事を探すか。どちらかを選ぶかで大きく学校生活が変わってきます。こんな状況下でも楽しいと実感出来るように何事も前向きに考えること、そしてみんなで助け合いながら一歩一歩前に進んで行きましょう!

2021年4月27日火曜日

自分の物差し

 今日はこの言葉をみなさんに送ります。

If one sticks too rigidly to one’s principles,one would hardly see anybody 

 アガサ・クリスティの名言 ≪人は自分の原則に固執しすぎると、誰かを理解するのは難しくなるだろう。≫

前回のブログに書いた言葉と少し似ていますが、意味は違います。私はこの言葉の意味を、『 自分の原則= 自分の物差し』と考えています。昔から 『 十年一昔 』 という 四字熟語があり、『 時の経つのが早く、世の移り変わりが著しい』という意味です。わずか十年という期間でも、『振り返れば、遠い昔のように思われる 』ということです。

特に昨今、時代の変化のスピードを考えると、10年よりももっと速いピッチで、様々な常識が変化しているように感じます。このコロナ禍のなか、ニューノーマルという生活様式が生まれたのも、その変化の一つです。また、みなさんのほとんどの人が持っているスマホ、その中でも代表的な『 iPhone 』が誕生したのが2007 年でした。わずか十数年の間にスマホはめまぐるしく進化し、今では 5G が徐々に普及するようになって時代は大きく変わっています。

通信機器だけでも、たった13年でここまで変化しています。 また、そういった高速通信や、進化した機器を使って今や映像コンテンツはテレビで誰かが作ったものを見るという時代から、スマホを使って自分で作ったものを見せる時代に突入しています。これは 10 年前、ほとんどの人が予想できなかった変化ではないでしょうか 。

自分の信念を持つことは素晴らしいことです。しかし、あまりにも時代に逆行してしまうと、自分の原則のようになってしまうと思います。 私たちは一人では生きてはいけません。自分のために世界があるのではなく、世界の中に自分がいるのです。激動の時代を力強く生き抜いていくためには、時代の流れをつかむアンテナの高さと時代の流れに対する順応性の高さが求められます。

時代の先を見据えて準備を整え、今自分の周りに起きている事に関して感度を上げ、的確な判断と迅速な行動が出来るように訓練しておく必要があります。その為には自分の物差しだけで判断するのではなく相手の気持ちを理解することも本当に大切な事だと思います。浪高生のみなさんも自分の事を理解してもらいたかったら、まず先に相手の事を理解してあげられるように努力してはどうでしょうか。きっとまた違った気持ちが湧き出てくると思います。

2021年4月23日金曜日

大きな壁を乗り越える!

こんな言葉を知っていますか?【どうにも乗り越えられない障害にぶつかった時は、頑固さほど役に立たないものはない。】 - ボーヴォワール - (フランスの作家、哲学者 / 1908~1986)

頑固とは、かたくなに自分の態度や考えを改めようとしないことをいいます。みなさんも今までの友人やプライベートでの知り合いの中に「このひとはなかなか頑固だなあ」と感じる場面があるのではないでしょうか。ただ、気をつけないといつの間にか自分自身が頑固ものになっているかもしれないという事です。わたしも頑固になっている自分にふと気づき、「またやってしまった。」と反省することがあります。

では、どうして人は頑固になってしまうのでしょうか。それはこれまでの慣習などを変えたがらないからです。よく「ずっとこれでやったきたんだから」といわれた時に感じる事は、理屈うんぬんよりも漠然と変化しようとすることに対して不安を感じているんだなと思うようにしています。そのような時は、その不安を丁寧に解消できるように話しかけています。

一方で、単に自分の意見を変えたがらないケースもあります。だれでも他人から否定されれば少なからず自分の意見を主張したくなります。自分の意見を曲げたり、自分の間違いを認めたくないという理由でかたくなに人の話を聞かなかったりするような場合です。このようなときは、自分自身で気が付くことが出来たなら、少し時間をおいてからもう一度話す事も効果的です。また、自分の意見を変えることで「ブレる人だ」と批判されてしまうケースもあります。だれでも成長していく過程で考え方に変化が起きるのは自然なこと。そのような変化であれば、他人から批判されることも少ないでしょう。

では、どのような状況で人は他人の考え方や方法手段の変化について批判的になるのでしょうか。頑固のケースと同じように、それが自己中心的なものであったり、自身の損得勘定が見え隠れしたりするような場合が多いのではないでしょうか。よい意味での「ブレない人」とは、「信念のためには自分の考え方や方法手段も躊躇なく変えられるひとであり、志や信念が尊いものであれば、その方法手段は決して正義から外れることがないひと」ではないでしょうか。

結局大きな壁を乗り越えるには自分に志と信念があるかどうかです。それを貫くためにはどんな事にも挑戦できるかどうか。正義という盾を基に。今私はコロナとしっかりと向き合いながら、自分を見失わずに志と信念を持った行動をとってくれている浪高生達を私は誇りに思っています。そんな学校生活を過ごしている浪高生達は必ず大きく成長すると確信しています。これからも自分の夢に向けて歩んでほしい。頑張ろー!みんなで。

2021年4月21日水曜日

3度目の緊急事態宣言

 残念ながら大阪府下に3度目の緊急事態宣言が発出されることが濃厚となりました。変異株の感染力は強力で大阪府下においても連日過去最高の感染者数を記録しています。重傷者病数も、確保できている病床数をはるかに超えており、医療体制もひっ迫しており大変な状況だと報道されています。

今私たちが出来る事は、そのような医療従事者の方々の負担を少しでも減らせるように、感染しない為の対策に全力を尽くす事しかありません。自分の行動1つで周りの人に多大な影響を与えるという事をもう一度再認識する必要があると思います。自分の周りのコントロール出来ないことに対して不平不満を言うのではなく、自分が出来る事に最善の努力をする事しか今の状況を乗り越える事はできないと思います。

今後学校生活がどのような状況になろうとも浪高生は礼節と規律を重んじ前を向いて進んで行かねばなりません。みんなは一人ではありません。周りには友達や先生方、そして保護者の方々がみなさんを支えてくれています。みなさんの学びの環境は整っています。こんな時こそ感謝の気持ちを強く持ちみんなで乗り越えていきたいと思います。浪高生今ここが踏ん張り時です!

さて本日は朝礼を行いました。令和3年度のはじめの朝礼という事で本日は「なぜ学ぶのか」をテーマに話をさせていただきました。高校生となると多くの生徒達は何となく学ぶ事の意義みたいなことは理解しているかとは思いますが、ただ単に良い大学に行くためだけに学ぶのではなく「自由」を手にいれるために人は学ぶという事と、人は一生「学び続けなければならない」という事を伝えさせてもらいました。

学びは人生の選択肢を増やし、自分が進むべき道に希望の光を照らし、豊かな環境を整えるてくれます。そのような達成感と充実感に満ち溢れた人生を浪高生のみなさんにはぜひ歩んでほしいと願っています。その為にも浪速で学ぶ生徒達には、良い環境で学ぶには自分の心の環境も整えておかねばならないという事を理解してほしいと思っています。この先どんな状況となっても、生徒と教師が一緒になり「GOOD school」を目指しこの1年「ONE TEAM 浪速」となって乗り越えて行こうと全校生徒に訴えました。みんなしっかりと心に受けとめてくれたと思っています。

この1年は予想できない事が起きると思います。そんな時こそ「結束」「尊重」「情熱」「規律」「品格」が求められます。浪高生のみなさん、怖がらず、慌てず、諦めずにコツコツと学び続けて前に進んで行きましょう。

1学期学級委員任命式