2021年10月18日月曜日

すべては過程だ。結果ではない。

 It’s all about the journey, not the outcome. これは当時陸上界のスーパースターとして有名選手であったカール・ルイスの言葉です。『ウサイン・ボルト選手』はみなさんも知っているかと思いますが、カール・ルイス選手はオリンピックと世界選手権で通算 20 個のメダルを獲得し、そのうち 17 個が金メダルでした。この信じられないほどの経歴はまさに『レジェンド』と呼ばれるべき存在です。

その偉大なレジェンドが残した言葉が【It’s all about the journey, not the outcome. すべては過程だ。結果ではない】でした。多くの輝かしい『結果』を残した選手が、『すべては過程だ。結果ではない』と言ったのには理由があると思います。『結果』を勝つこと、または優勝する事とします。勝利する人は一人、または一つのチームです。一握りの人、または1チームしか頂点には立てません。自分が求める『結果』が出るように、その過程を踏まなければ『結果』など簡単に出るものではない。それは『計画・過程(努力)・自信・当日の環境やコンディション(運)』の全てが最高水準でなければ、ここまでの結果を出すことは難しいと言っていると私は思います。

私も長きにわたりスポーツの世界で生きてきた中で、『過程の重要性』は理解しているつもりです。しかし誰もが認めるような素晴らしい過程を経て挑んだからといって、必ず『結果』が出るわけではないのが『勝負の世界』の厳しさだと思っています。それと同時に、良い結果を残すことは素晴らしいですし、結果を残すことに越したことはないとは思いますが、『結果』とは歩んできた過程の『答え』のひとつであり、その『答え』には正解・不正解は存在しないと思っています。私たちは生きている以上、いくらでもチャレンジできますし、いくらでも努力し、進化することができます。

今の時点で悪い結果だと感じていても、その『過程』の中で、悔しさを力に変えて次のチャレンジが成功すれば、それは紛れもなく『結果』なのです。ゴールを決めず、チャレンジを続けましょう!それが『今を一生懸命に生きる』という事だと思います。中間テスト期間真っただ中の浪高生達、結果が全てではありません。この言葉【It’s all about the journey, not the outcome. すべては過程だ。結果ではない】の意味を理解して最後までやり切ってくれることを期待しています。

2021年10月13日水曜日

試験に向けて頑張る浪高生達

今週土曜日から2学期の中間テストが始まります。それに備え生徒達は放課後先生方に質問をしたり、校内の自習スペースや各ホームルーム教室で学習を行ったと試験に向け準備をしてくれています。

今日校内を見て回りましたが、年々定期考査前に校内で残って学習する生徒が多くなってきていると感じています。大変嬉しく思っています。勉強したいときは勉強できる、そして部活動をしたいときは部活動が出来る、そういった生徒達の目的が達成できるような環境があれば、少しでも長く学校内に留まり勉強にクラブ活動に頑張ってくれる事を改めて認識することができました。

そして今は勉強の時です。また8月からの緊急事態宣言が約1ヵ月にわたり発出されていた関係で、この期間中にいろんな理由で登校したくともできなかった生徒の為に各学年で中間テスト対策として補充の講習を実施しています。生徒達は真剣に講義を聞いていました。

本校は一人一人の生徒が、学習活動や部活動が精一杯に出来る環境と安心して学校生活が過ごせる居心地の良い学校をこれからも創っていきたいと思っています。さあ~生徒の皆さん中間テストに向けてギアを上げていってください。校内を回っていても元気で明るい生徒達ばかりです。今はそのエネルギーを学習活動に生かしてください。

努力は決して裏切りません。1学期の反省を生かして一つずつ階段を上がってください。いつも通りキーワードは「挑戦」と「+ONE」です。頑張れ浪高生達!

2021年10月11日月曜日

部活動の応援

 昨日はラグビー部の応援に出かけました。今ラグビー部は第101回全国高等学校ラグビー大会の大阪府予選の大会中であり準々決勝進出をかけて戦うという事で応援に駆け付けました。

コロナ禍によって例年通りのチーム作りがなかなか進まないと顧問の先生は言っておられましたが、今年の3月に完成した浪速乾坤一擲ドリームフィールドでの充実した環境の中で練習できたことは生徒達にとってもチームにとっても非常に良かったと思います。と試合前に言っておられました。

浪速乾坤一擲ドリームフィールド(Kフィールド)

試合内容は開始直後から攻め続けて終始相手を圧倒していましたが防御となると詰めが甘く相手に攻め込まれる場面が何度か見られました。真夏を感じさせる暑さの中生徒達は練習してきた事を出そうとチーム一丸となって挑戦していました。

結果は56対7で勝利しましたが顧問の先生からは沢山の修正課題を出されていました。次戦の戦いは準々決勝となりベスト4をかけて全国屈指の強豪校東海大付属大阪仰星高校との戦いとなります。3年生にとっては最後の大会となります。しっかりとした準備をしてこれからの一戦一戦全てを出し切ってほしいと願っています。

最後に昨日のお世話になった会場校の大阪府立千里高校の選手と顧問の先生方、そして互いにベストを尽くした対戦校の選手の皆さんに深く感謝いたします。ありがとうございました。

2021年10月7日木曜日

浪速らしさが戻ってきた

 10月1日から日本全国において緊急事態宣言もまん延防止処置もすべて解除され、2学期に入って初めて全てのクラブ活動が出来るようになりました。8月からずーっと我慢してきたクラブ活動に入部している生徒達はここまで本当によく辛抱したと思います。

そして本日久しぶりにクラブ活動の様子を見に行こうと放課後、クラブ活動の練習場所全てを見て回りました。写真はその内一部のクラブ活動だけですが、やはりクラブ活動をしている時の生徒達の姿は学校に元気を与えてくれると改めて感じることが出来ました。

歯を食いしばって頑張っている姿、真剣に相手と向き合っている姿、笑顔で仲間と話す姿、失敗して悔しがっている姿、本当にいろんな姿を見ることが出来ました。前を向いて一歩一歩進んでいる生徒達を見れて安心しました。浪速は少しずつですがいつも通りの活気に満ち溢れた放課後の様子を取り戻してきていると実感することが出来ました。

まだまだ感染対策は万全にしなければなりませんが、このように仲間たちとクラブ活動に励むことが出来る事に感謝し、クラブ活動の大切さを忘れず、目標達成に向けて仲間と支え合いながらこれからも日々精進してくれる事を願っています。

2021年10月5日火曜日

校内指定校推薦内定式

 少し前になりますが、先週の10月2日土曜日に指定校推薦入試の出願を許可された生徒とその保護者の方を対象とした校内指定校内定式を行いました。内定式においては、私からの激励と今後のスケジュールや心構え等について、学年主任や進路部長から生徒と保護者の皆様に大切な事をお伝えしました。

今回の校内指定校推薦内定式は対象生徒が多数の為、3密を避けての実施とし、生徒達は体育館にて、保護者の皆様は各クラスのホームルーム教室にてライブ発信での実施とさせていただきました。

私からは、今後は合格に向けた取り組みに集中する、残りの高校生活はしっかりと基礎学力を身に付ける、学校での勉強を疎かにしないなど、何事にも今何をしなければならないかを自分で考え、自ら進んで取り組むことが何よりも大事であると生徒達を激励しました。

残りの高校生活の過ごし方、特に推薦された人物らしい言動を生徒達には求める事を伝えました。それは、まだ多くの仲間たちは今後の大学受験に向け闘って行かねばなりません。そういった多くの仲間の為にも学校生活の中での学習環境をより一層高めていく為にも、今日体育館に集まったみなさんの行動が大事になると伝えました。合格が決まったわけではない!スタートしたばかりである。緊張感とケジメのある学校生活を過ごしてほしいと思います。

3年生のみなさん。大学入学が目的ではありません。10年後・20年後の自分がどんな自分でありたいか。大学受験というのはその過程の一つであるという事を忘れないでほしいと思います。校内指定校推薦入試に出願を認められた生徒のこれから益々の成長を大いに期待しています。そして受験勉強に頑張っている3年生。最後まで諦めずに闘ってほしい。心から応援しています。

2021年10月2日土曜日

第2回浪速高等学校オープンキャンパス

本日は2022年度入試浪速高等学校第2回オープンキャンパスを実施いたしました。今回のオープンキャンパスは感染予防対策の一環として人数を制限しての実施となりWEBでの申し込みは瞬時に定員に達しました。本当に嬉しい限りです。本日ご参加いただいた受験生と保護者の皆様本当にありがとうございました。

今回のオープンキャンパスの目的は受験生と保護者の皆様に日常の浪高生の学校生活の様子を見ていただくこと。この事が大きな目的です。コロナ禍の中どんな感染対策をしているのか、またいろんな制限の中、生徒達はどのような学校生活を過ごしているのかを直接見ていただき本校の教育環境とそこで学ぶ生徒達の姿をみて、受験生の皆さんには私立高校選択の一つとして頂きたいと思っています。そして保護者の皆様には本校が安全で安心して通うことが出来る、お子様の自己実現が可能な学校とご判断いただければ大変うれしく思っています。

ご参加いただいた皆様は授業の様子、施設などを真剣にご覧になっておられました。自信をもってご案内できる浪高生達の様子、そして施設の充実ぶりにご満足頂けたと考えております。10月30日に行われる説明会では在校生達からの学校紹介、また教育方針、教育内容など詳しいご説明をさせて頂きます。是非ご参加いただきたいと思います。心からお持ち申し上げております。 

2021年9月30日木曜日

インクルーシブ教育

 本日は共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育の一環として大阪南視覚支援学校の先生をお招きして講演を行っていただきました。

「共生社会」とは、これまで必ずしも充分に社会参加できるような環境になかった障害者の方々が、積極的に参加・貢献していくことができる社会の事をいいます。私たちは誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、人々の多様な在り方を相互に認め合える全員参加型の社会を目指していかねばなりません。

障害者理解を推進することにより、周囲の人々が、障害のある人や子どもと共に学び合い生きる中で、公平性を確保しつつ社会の構成員としての基礎を作っていくことが大切な事です。次世代を担う生徒達にも、学校においても、このような教育活動を率先して進めていくことは、インクルーシブな社会の構築につながると考えています。

障害のある人が障害のない人と同等に生活し、共にいきいきと活動できる社会を目指す。つまり、障害者側を変えるのではなく、それを取り巻く環境や健常者の意識など「周りが変わる」ことで、障害者がありのまま、健常者と共に生活ができる「ノーマライゼーション社会」を目指していかねばなりません。

生徒達は真剣に講演の内容を聞いており、これからの人生の中において本日の講演を活かしてくれると思います。浪速の生徒達には周りの人の多様性を尊重し、全ての人が精神的及び身体的な能力等を最大限発達させることができる社会環境を作ることに貢献して欲しいと願っています。大阪南視覚支援学校の先生方、本日はご講演いただきありがとうございました。